IMPLANT

  • TOP
  • インプラント治療

Implant理想的な咬み心地と
見た目を得られる
インプラント治療

何らかの理由で歯を失ってしまった場合に歯の機能と見た目を補う方法として近年注目を集めているのが、インプラント治療です。入れ歯は「合わない」「咬みにくい」という問題が起こることがありますが、インプラントならまるでご自分の歯のような咬み心地と自然な見た目が手に入ります。

豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」ではインプラント治療を行っており、あらゆる症例の患者さまにインプラント治療を提供できるよう幅広い治療法に対応しています。治療前には歯科用CTを使用し、正確な診断とシミュレーションを実施して精密な治療につなげています。歯を失ってお困りの方、インプラント治療を検討されている方はまずは当院までご相談ください。

時間をかけてじっくり
治療を行います

時間をかけてじっくり治療を行います

インプラント治療と一口に言っても、患者さまのお口の状態によって適した治療法は異なります。患者さまのお口に合い長期的に快適に使用できるインプラントを実現するために、当院では丁寧なカウンセリングと診査診断を行っています。

初診時に1時間かけて患者さまの主訴や既往歴、生活習慣などをお伺いし、レントゲンや口腔内写真などの必要な診査をていねいに行い口腔内の状態を正確に把握。ヒヤリングと診査を踏まえた上で歯科医師が治療計画を立て、次回の診療時に30分ほど時間をかけて治療内容のご提案をしています。最終的に患者さまご自身に治療するかどうか決断していただいており、十分にご理解・ご納得いただいてから治療を進めることを前提としています。不安や疑問があればどのようなことでもお尋ねください。真摯にていねいにお答えさせていただきます。

安全なインプラント治療を
実現する先端医療機器

CT モリタ社の
「Veraviewepocs 3Df
(べラビュー エポックス)」

CT モリタ社の「Veraviewepocs 3Df(べラビュー エポックス)」

3Dの立体的な画像を取得でき、歯の内部まで詳細を把握できる歯科用CTを使用。歯や顎の骨の詳細な立体構造や血管や神経の走行状態、インプラントを埋め込む顎の骨の骨密度などを正確に把握でき、より緻密な診断・治療を実現できます。また、小型のCTであるため一般のレントゲンと同じように気軽に撮影でき、撮影時間はわずか数十秒。放射線量も大幅に軽減されているため患者さまの負担を減らすこともできます。

CTを導入するメリット
  • 口腔内の詳細な状態を把握でき、正確な診査診断につながる。
  • わずか数十秒で撮影できる。
  • 放射線量が大幅に軽減できる。
  • CTで撮影した画像はモニターですぐ確認でき、患者さまに病状や経過について理解していただきやすい。
  • CTスキャンがある施設まで行かなくてよい。
  • 小型のCTであるため、一般のレントゲンと同じように気軽に撮影できる。
口腔内スキャナ
3SHAPE TRIOS3で
口腔内をしっかり把握します

口腔内スキャナ 3SHAPE TRIOS3で口腔内をしっかり把握します

当院では、患者さまのお口の状態を正確に把握するために、デジタルの口腔内スキャナを導入しています。デジタルの口腔内スキャナは、口腔内の写真を撮影することで3Dの立体画像を取得できる機器です。従来歯科技工物を作製する際に行っていた歯型をとる工程では多少の誤差が生じてしまいましたが、口腔内スキャナを用いることで正確なデータを取得でき、より精巧な歯科技工物を作製することができます。また、歯型採取を行わずに歯科技工物を作製できるため従来の歯型をとる際の不快感がなく、歯型採取の時間を大幅に短縮することも可能です。

サージカルガイド

サージカルガイド

サージカルガイドとは、インプラント埋入手術を安全かつ正確に行うための手術補助装置です。コンピュータ上でインプラントの埋入位置や角度、深さ、インプラント埋入後の被せ物の位置までシミュレーションを行い、シミュレーション通りにインプラントを埋入するためのサージカルガイドを作製します。サージカルガイドは手術時に口腔内にはめて使用することで、より正確なインプラントの埋入が実現でき、下顎の骨の中を通っている神経を回避した安全な手術が可能です。手術時間を短縮できる、歯ぐきの切開をしなくても手術できるため身体への負担を抑えられるといったメリットもあります。

インプラント治療で使用する
その他の機器や素材
GCインプラント
DIOデジタル
創業100年を超える世界的に有名な国産メーカーのインプラント体を使用しています。ISO(国際標準化機構)の厳しい基準に準拠した国内工場とドイツの工場で作られており、高品質のインプラント体を提供することができます。 スキャンデータとCT画像のデジタルデータをパソコン上で解析し、3Dプリンターでサージカルガイドを作製するシステムです。患者さまの口腔内に合ったインプラント体を選ぶこともでき、正確なインプラント埋入手術を実現します。

村井歯科クリニックの
インプラント治療

※表は左右にスクロールして確認することができます。

抜歯即時インプラント
即時荷重インプラント
インプラントオーバーデンチャー

抜歯即時インプラント

即時荷重インプラント

インプラントオーバーデンチャー

抜歯後すぐにその箇所にインプラントを埋入する治療法です。1回の手術ですむため患者さまの負担が少なくすみます。ただし、インプラント体と顎の骨が完全に結合するまで時間がかかるため、その間の細菌感染のリスクやインプラントと骨の結合不良のリスクがあります。 インプラントを埋入した直後に固定式の人工歯をとりつける治療法です。手術後すぐに使えるため食事や会話での支障が出にくく、歯のない期間がないため見た目も自然です。通院回数も抑えられます。ただし、1回の治療時間は長く、骨の量や質が良好でないと適応できません。 顎の骨に数本のインプラントを埋め込み、インプラントを固定源として総入れ歯を取りつける方法です。失った歯の本数すべてをインプラントにするよりも、治療回数と治療費を大幅に抑えることができます。入れ歯ですが、しっかり固定されるためズレたり外れたりすることもありません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

フラップレス
オールオンフォー

フラップレス

オールオンフォー

歯ぐきの切開(フラップ)をしないインプラント治療です。小さな穴を開けて、そこからインプラントを埋入します。手術による身体的なストレスを軽減でき、手術後の腫れや痛みも軽減することができます。 支えとなる4本のインプラントを埋入し、そのインプラントで人工歯を固定する方法です。上顎あるいは下顎のすべての歯を失った場合に行います。失った歯の本数すべてをインプラントにするよりも、治療回数と治療費を大幅に抑えることができます。
インプラント治療で使用する
その他の機器や素材
1回法
2回法
外科手術を1回で済ませる方法です。インプラントを埋入後、インプラントの先端部分を出したままの状態で治癒期間に置きます。これにより再び歯ぐきを切開する必要なく人工歯をとりつけられます。ただし、インプラント体と顎の骨が完全に結合するまで時間がかかるため、その間の細菌感染のリスクやインプラントと骨の結合不良のリスクがあります。 1回目の手術でインプラント埋入手術を行って骨との結合を待ち、2回目の手術で再び歯ぐきを切開して、アバットメントと人工歯を取りつける治療です。歯ぐきを切開する手術を2回行う必要がありますが、1回目の手術時にインプラント体を歯ぐきの中に完全に埋め込むため 治癒期間中に細菌感染のリスクやインプラントと骨の結合不良のリスクがありません。
サイナスリフト

上顎の奥の骨のすぐ上に「上顎洞(じょうがくどう)」という空洞があります。上顎洞底部を持ち上げた空間に骨補填剤を注入して、顎の骨を再生させる治療法です。上顎部分の骨の厚みが足りない場合に行います。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎洞の側方の歯ぐきを剥離する。 上顎洞側壁の骨を削り、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げる。 上顎洞粘膜が持ち上がってできたスペースに骨補填剤を注入し、上顎洞粘膜を戻す。 骨の厚みが確保されたら、インプラント体を埋入する。 治療完了。
ソケットリフト

サイナスリフト同様、上顎部分の骨の厚みが足りない場合に行う方法です。専用器具で上顎洞底部を押し上げ、骨補填剤を注入して顎の骨を再生させます。傷口が小さく済み、術後の腫れや痛みがほとんどありません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎洞底部を押し上げる。 押し上げた底部に骨補填剤を注入する。 骨の厚みが確保されたら、インプラント体を埋入する。 治療完了。
GBR法

顎の骨が足りない場合に行う方法です。顎の骨が足りない部位に自家骨や骨補填材を置き、そこに「メンブレン」という人工の膜を入れてスペースを確保し、顎の骨が再生するのを待ちます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

GBR法

GBR法

GBR法

歯肉を切開し骨補填剤を補填しメンブレンで覆う。 不要な歯ぐきの侵入を防ぎながらスペースを確保して顎の骨の再生を促す。 骨の厚みが確保されたら、インプラント体を埋入する。
治療完了。

入れ歯・インプラント・
ブリッジの比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

 
部分入れ歯
インプラント
ブリッジ
 

部分入れ歯

インプラント

ブリッジ

特長 失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯・総入れ歯を作製しお口に装着する方法。 歯を失った部分の顎の骨にインプラント体を埋め込み、そこに土台を植立して人工歯を固定する方法。 歯を失った箇所の両隣の歯を削って土台を作り、削った歯を支えにして人工歯を固定する方法。
メリット
  • 保険診療の場合、安価。
  • 自費診療の場合、天然歯と変わらない見た目や咬み心地を得られる。
  • 大がかりな外科手術が必要ない。
  • 大規模な歯の欠損にも対応できる。
  • 自分の歯に近い感覚で咬むことができる。
  • 見た目も自然に仕上がる。
  • 入れ歯やブリッジのように他の健康な歯に負担をかけることもない。
  • 硬い食べ物もしっかり咬めるので、消化がよくなる。
  • 咬む力が伝わり、顎の骨がやせるのを防ぐ。
  • 保険診療の場合、安価。
  • 固定式なので、お口に違和感があまりない。
  • 自費診療の場合、天然歯と変わらない自然な見た目になる。
デメリット
  • 硬い物が咬みにくいことがある。
  • ずれたり外れたりしやすい。
  • 見た目が劣ることがある。
  • 発音に支障が出ることがある。
  • 咬む力が伝わらず、顎の骨が痩せやすい。
  • 顎の骨にインプラントを埋め込む際に外科手術が必要。
  • 健康保険が適用されず、高価。
  • 健康な歯を削る必要がある。
  • ブリッジを支える歯に大きな力がかかる。
  • 発音しづらくなることがある。
  • 適応できる症例が限られる。
  • お口の中が不衛生になりやすい。

自然な見た目と咬み心地が
得られるインプラント治療
ご興味のある方は
「村井歯科クリニック」まで
ご相談ください
診療のご予約はこちらから