トップ > 咬み合わせ治療・口腔外科

歯並びや咬み合わせが気になる方へ――咬み合わせ治療

歯並びの乱れを治したい方、歯列をきれいにしたい方、咬み合わせが気になる方へおすすめしたいのが「咬み合わせ治療」です。不自然な位置にある歯や顎の骨を整え、美しい歯並びと正しい咬み合わせに導きます。歯列や咬み合わせでお悩みの方は、豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」へご相談ください。

不正咬合の種類

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」で、上顎の前歯または上顎全体が前方に出ている状態です。遺伝による場合と、幼少期の癖が原因となって起こる場合があります。
下顎前突
(かがくぜんとつ)
いわゆる「受け口」で、下顎の前歯または下顎全体が前方に出ている状態です。「反対咬合」とも呼ばれ、遺伝による場合と咬み癖が原因となって起こる場合があります。
叢生
(そうせい)
歯並びがでこぼこの状態で、「乱杭歯」「乱ぐい歯」とも呼ばれます。顎の大きさに比べて歯が大きすぎることで、正常に並び切れないことが原因となって起こります。「八重歯」も叢生の一種です。
開咬
(かいこう)
口を閉じても、上下の歯の間に隙間ができてしまう状態です。口腔内が乾きやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
上の前歯が下の前歯に深く覆い被さっている状態です。下の前歯が上顎に強く当たることで歯肉を傷付け、歯肉炎を発症することがあります。
交叉咬合
(こうさこうごう)
通常は上の歯が下の歯に被っている咬み合わせの一部がその逆になっていて、互い違いになっている状態です。顎関節症の原因となることもあります。

村井歯科クリニックの歯列矯正

マルチブラケット
永久歯での矯正治療を行うほとんどの方が使用する矯正装置です。歯の色に馴染むので、装着していても自然な印象を与えます。矯正治療中の装置の見た目が気になる方におすすめです。
MTM(部分矯正)
移動させる歯を1~2本に限定し、ピンポイントで部分的に移動させる矯正方法です。痛みなどの負担も少なく、周りの人から気付かれにくい治療です。
インプラント矯正
インプラントを矯正装置の固定源として用い、歯を移動させる矯正方法です。通常の方法と比較すると、治療期間を大幅に短縮することができます。
矯正の専門医・専門機関とのネットワーク

難症例や高度な矯正技術を要する場合、院長のネットワークを通じて信頼できる専門医や専門機関をご紹介させていただきます。ご安心いただける体制が整っておりますので、まずは気軽にご相談ください。

咬合再構成

「咬合再構成」はその名の通り、顎全体の咬み合わせを再構成する治療です。装着中の修復物や歯並びを同時に治療する方法で、「フルマウス・リコンストラクション」「オーラル・リハビリテーション」とも呼ばれています。

治療を終えていったんは良好な口腔内になったとしても、その後食いしばり・歯ぎしりなどによって咬み合わせが徐々に変化し、「よく咬めない」「被せ物が長持ちしない」などの問題が発生することは珍しいことではありません。こうした問題を咬み合わせの観点から総合的に診断・治療し、非常に高い審美性と機能性を回復します。

顎関節症

顎関節症は、咬み合わせや姿勢の悪さ、頬杖などの癖、ストレス、外傷などが原因で発症すると考えられています。口を大きく開けた時にカクカクと音がする方、強く咬み締めると顎や間接が痛む方、口が開きにくいと感じている方は、顎関節症かもしれません。顎関節症は放っておいても治りませんので、顎に異変を感じたら豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」までお早めにご相談ください。

顎関節症の治療1――薬物療法・運動療法

薬物療法ではストレスを緩和する抗不安薬や痛み止め薬などの処方を、運動療法では口の開閉をスムーズにするためのトレーニングや生活習慣改善の指導を行います。顎関節症は顎の関節に過度の負荷がかかることが原因で起こるトラブルなので、薬物療法と運動療法で筋肉の痛みや緊張を和らげます。

顎関節症の治療2――スプリント療法

患者さま一人ひとりに合わせて作製されたアクリル樹脂製の透明なマウスピース(スプリント)を装着することで、顎周辺の負荷を軽減するのが「スプリント療法」です。症状に合わせて、以下のスプリントを使用します。

親知らずや、お口の中のできものが痛む方へ――口腔外科

親知らずの痛みや、お口の中のできものでお悩みではないでしょうか? 親知らずの抜歯やのう胞、口内炎などは、口腔外科で治療を行います。どうぞお気軽にご来院ください。

当院で行う口腔外科治療

親知らず なかなか生えてこなかったり、斜めに生えてきたり、途中まで生えて止まったりする親知らず。うずいたり痛みを感じたりしたら抜歯が必要です。
歯牙移植 抜けてしまった奥歯に親知らずを移植します。移植できる健康な親知らずが生えていることが条件となります。
再植 転倒などをして歯が抜けてしまった場合、歯を元の位置に戻して隣の歯と数週間固定することにより機能回復を図ります。
外傷 歯ぐきや唇、舌、顎の外傷に対して切開、縫合などの処置を行います。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

咬み合わせ治療と矯正治療をイコールだと思われている方もいらっしゃいますが、矯正装置を使用せずに咬み合わせを整える方法もあります。天然歯や被せ物、インプラントの歯冠をみがいて高さを合わせる「咬合調整」もそのひとつ。ほんのわずかな高さを調整するだけで、身体に適した咬み合わせに持っていくことも可能です。

また、咬み合わせや顎関節の不調は、虫歯や歯周病の発生に少なからず影響を与える場合がございます。少しでも不安を感じましたら、気軽にご相談ください。

虫歯や歯周病から歯を守るために予防歯科での「定期検診」が大切です 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

虫歯や歯周病から歯を守るために予防歯科での「定期検診」が大切です 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

虫歯や歯周病から歯を守るために予防歯科での「定期検診」が大切です 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ