• 初めての方へ
  • 院長紹介
  • 当院の特徴
  • 院内紹介
  • 求人情報
  • アクセス

トップ > 歯が痛い・しみる~一般歯科・小児歯科~

「歯が痛い」「歯がしみる」なら、それは虫歯かもしれません

食べ物を咬むときに歯に痛みが走ったり、冷たい食べ物・飲み物が歯にしみたりする症状にお悩みではありませんか? 「痛い」「しみる」といった症状に心当たりがある方は、虫歯かもしれません。虫歯は糖分を栄養にして虫歯菌が酸をつくり出し、その酸によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯はそのままにしておいても治癒することはありませんので、なるべく早く豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」にご相談ください。

虫歯の4つの原因とリスク比較

  • 歯質・だ液の量
    弱い歯質 > 強い歯質
    だ液少ない > だ液多い

  • 虫歯菌の数
    多い > 少ない

  • 糖分の量
    多い > 少ない

  • 食後から
    歯みがきまでの
    経過時間
    長い > 短い

虫歯ができる原因は、「歯質・だ液の量」「虫歯菌の数」「糖分の量」「食後から歯みがきまでの経過時間」の4つの原因が重なってできるものと考えられています。4つの原因が大きく重なれば重なるほど虫歯のリスクは高まります。つまり、一つひとつの原因を小さくすればするほど、虫歯のリスクを下げることができるのです。それぞれの問題点に合った適切なケアを行い、虫歯になりにくい口内環境を整えましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0 ごく初期の虫歯
  • 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている
  • まだ歯に穴はあいておらず、「痛い」「しみる」といった自覚症状はない
適切なブラッシング、フッ素塗布で治癒することがある
C1 エナメル質の虫歯
  • 歯の表面のエナメル質がさらに溶けて、黒ずんで見える
  • 冷たい物がしみることがあるが、痛みなどの症状はない
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰める
C2 象牙質の虫歯
  • エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態
  • 冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むようになる
虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補う
C3 神経まで達した虫歯
  • 神経まで虫歯が進行した状態
  • 熱いものがしみたり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛んだりするようになる
根管治療を行い、被せ物で補う
C4
歯根まで達した虫歯
  • 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯が達した状態
  • 神経が死ぬため痛みはなくなるが、歯根部に膿が溜まると再び激しく痛み始める
多くの場合で抜歯が必要となり、抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能回復を図る

村井歯科クリニックの小児歯科治療

お子様に通院していただきやすい歯医者です

当院では、出来るだけ痛くない治療を心がけております。また、子どもが歯医者に慣れるまで削ったり、怖がらせない治療を行います。幼少期の歯医者づきあいが今後の口腔内の健康を左右します。まずは、お子様に歯医者を怖いところだと思わせないでください。

乳歯は大人が守りましょう

乳歯は永久歯に比べて歯質がやわらかく、再石灰化の力も弱いため、むし歯になりやすく、またいったんむし歯になるとすぐに進行してしまいます。将来生えてくる永久歯の健康や歯並びは乳歯の状態に大きく影響を受けるため、「いずれすべて生えかわるから」といって子どものむし歯を軽視するのは大変危険です。

お子さまが将来お口のトラブルに悩まないようにするには、小さい頃からしっかりとケアを行い、むし歯になりにくい環境を整えることが重要です。親御さまに実践していただきたいのは、「トラブルがないうちから歯科医院に通って予防処置を受けること」「小さなトラブルのうちに対処できるよう日ごろから子どもの歯の状態をよく観察しておくこと」「異常に気付いたらすぐに歯科医院に相談すること」の3点。歯科医院と二人三脚で、お子さまの大切な歯を守ってあげましょう。

むし歯から子どもの歯を守る3つのポイント

歯質を強くする

Point 01歯質を強くする

フッ素は歯の再石灰化を促進し、歯質を強化するはたらきを持っています。歯科医院でフッ素塗布を受ける、フッ素入りの歯みがき粉を使用するなどして、むし歯になりにくい歯質をつくりましょう。

必ず仕上げみがきをしてあげる

Point 02必ず仕上げみがきをしてあげる

小さなお子さまは、自分でしっかり歯をみがくことができません。大人が必ず仕上げみがきをしてあげることで、むし歯のリスクを下げることにつながります。

おやつは「量」より「食べ方」に気を付ける

Point 03おやつは「量」より「食べ方」に気を付ける

糖分の多いおやつは当然むし歯の原因になりますが、むし歯のリスクを下げるには、「量」よりも「食べ方」に気を付けることが大切です。食べる時間を決め、だらだらと長時間食べないようにしましょう。

むし歯菌は親御さまからお子さまへうつる可能性があります(これを母子感染と言います)。お子さまの歯だけでなく、お母さまもお口の中の環境には気を付けてくださいね。妊娠中の方はつわりやホルモンバランスの変化から虫歯や歯周病になりやすく、特にさまざまなトラブルのリスクを高める歯周病には注意が必要です。お子さまが生まれる前からお口の健康維持に努めることが、お子さまの健やかな発育につながります。

村井歯科クリニックの小児歯科処置
お子さんの歯の状態は一人ひとり違い、それぞれに合った方法でみがくことが大切です。保護者の方には、仕上げみがきの方法をご指導します。
フッ素には、歯のエナメル質を強化する働きとむし歯を抑制する働きがあります。そのフッ素を直接歯に塗布することで、むし歯を予防します。初期のむし歯の場合は治癒することもあります。
むし歯になりやすい奥歯の深い溝を歯科用プラスチックで埋めることで、むし歯を予防する処置です。主に生えたての永久歯に対して行います。
「過剰歯」とは、本来生えてくる歯よりも多く生えた歯のことです。過剰歯があると歯並びが悪くなるリスクが高まりますので、抜歯をおすすめします。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」とお考えの方が、残念ながらまだまだたくさんいらっしゃいます。歯医者が悪いところや痛いところを治療する場所であるのはもちろんなのですが、歯科医院はそれよりももっと大切な役割を担っています。それは、「歯の健康維持」です。

歯が虫歯になってしまうと自然には治りません。しかも、一度でも削ってしまうと、削ったことがない歯に比べて寿命が短くなってしまいます。生涯にわたって自分の歯で快適に過ごすには、できるだけ歯を削らないことが大切なんです。

健康な歯はそのままの状態を維持し、一度治療した歯は二度と虫歯にならないよう、正しい歯みがきと定期検診でのチェック・予防処置を欠かさないようにしましょう。歯の健康維持のよきサポーターとして、ぜひ、歯医者を頼りにしてください。

お口の健康維持のために 歯科医院の「定期検診」は欠かさず受けましょう 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

お口の健康維持のために 歯科医院の「定期検診」は欠かさず受けましょう 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

お口の健康維持のために 歯科医院の「定期検診」は欠かさず受けましょう 村井歯科クリニックの「予防歯科」についてはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ