トップ > 予防歯科・PMTC

健康な歯と快適な生活をいつまでも――予防歯科

治療などで一度でも削ってしまった歯は、二度と元の健康な歯には戻りません。何歳になっても、自分の歯を失うことなく、笑顔で快適に過ごしたいですよね。そのためには、痛くなってから歯を「治療」するのではなく、痛くなる前、つまり治療が必要な状態にしないために「予防」することが大切なのです。

豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」では、予防によってみなさまの歯を守り、健康なお口の環境を育てていくことを第一に考えています。定期的なメインテナンスに取り組むことで、私たちと一緒に虫歯や歯周病とは無縁の生活を実現しましょう。

日本と歯科先進国の予防に対する意識の差

日本と歯科先進国での、70歳での平均残存歯数の違いを見てください。スウェーデン20本、米国17本、英国15本に対して、日本はたったの8本です。この差の原因は何なのでしょうか?

最も顕著なのは、予防に対する意識の差です。歯科医院で定期的にメインテナンスを受けている人の割合が、それを端的に表しています。スウェーデンは約90%、米国は約80%、英国は約70%であるのに対して、日本はたった10%にも満たしません。これらの調査結果からも、予防の大切さがおわかりいただけるでしょう。この数字を引き上げていくことが、私たち歯科医院の使命であり責務だと言えます。

村井歯科クリニックの予防診療メニュー

PMTC

プラークの中には、虫歯や歯周病の原因となる菌が大量に潜んでいます。プラークはやがてバイオフィルムや歯石となって歯面にがっちりと付着し、セルフケアでは落とせなくなります。また、タバコのヤニや紅茶・コーヒー・ワインなどによる着色汚れもセルフケアでは落とせません。

そのようなプラーク・バイオフィルム・歯石や着色汚れなどを、専用の器具を使ったクリーニングで徹底的に取り除くのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。歯科医院で定期的にPMTCを行うことが、虫歯・歯周病の効果的な予防につながります。

検査
定期検診

歯科医院でプロの目によるチェックを受けることで、ご自身では気付くことのできない小さな異変の把握を可能にし、状況に応じた処置により、虫歯や歯周病を未然に防ぎます。定期的なチェックが早期発見を可能とし、健康な歯の維持につながります。

プラーク染め出し検査

虫歯や歯周病の原因となる菌が潜んでいるプラークは、歯の色と似た白い色をしているために、みがき残していても見た目にはよくわかりません。そこで、歯垢が赤く染まる液(染め出し液)を使ってみがき残しを“見える化”し、虫歯や歯周病の予防につなげます。

処置
歯みがき指導(仕上げみがき指導)

患者さまの口腔内をすみずみまでチェックし、歯並びや歯の形状に合った正しい歯みがき方法を身に付けていただけるよう指導します。親御さまには、仕上げみがきの方法をお教えします。

フッ素塗布

虫歯菌への抵抗力を高める作用があるフッ素を歯に塗布することで、虫歯を予防します。再石灰化を促す作用もあるので、定期的な塗布をおすすめします。

シーラント

食べかすが詰まりやすく、歯みがきもしにくいために虫歯になりやすいのが奥歯。その奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めることにより、虫歯を予防する処置です。お子さまの生えたての永久歯が対象になります。

咬み合わせチェック

咬み合わせが悪いと、虫歯や歯周病にかかりやすく、進行を早めます。咬み合わせのチェックを行い、必要に応じて咬み合わせの調整するなどして改善を図ります。

生活習慣指導

虫歯や歯周病は、普段の食事・睡眠・飲酒・喫煙・運動といった生活習慣と密接なかかわりがあります。食生活や生活習慣の乱れを改善することによって虫歯や歯周病を予防し、健康な口内環境の維持につなげます。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

お口の中は自分ではよく見えないので、「わかっていないこと」や「わかっているつもりになっていること」がたくさんあります。歯科医院で定期的に口腔内の状態をチェックすることには、見えないトラブルやトラブルの種をしっかり把握するという意味もあります。歯みがき指導や生活習慣指導を受けていただくことで、より健康的な口内環境の維持が可能になります。

自分ではきちんとケアできているつもりでも、「完璧なケア」はなかなか難しいものです。自分の歯の健康を考えるよい機会として、数ヶ月に一度は定期検診を受けられることをおすすめします。

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ