トップ > インプラント

自分の歯のような咬み心地と見た目を再現――インプラント

何らかの理由で歯を失ってしまった場合は、放っておかずにインプラントや入れ歯で歯の機能を回復させる必要があります。入れ歯には「合わない」「かみにくい」「見た目が気になる」などといったマイナスイメージがありますが、インプラントなら自分の歯のような咬み心地と、自然な見た目が手に入るため、近年は選ばれる方が増えています。

豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」では、メリットの多いインプラント治療にも対応しています。治療前には歯科用CTを使用し、正確な診断とシミュレーションを実施。精密な治療につなげています。

インプラント治療とは

インプラント治療は顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯冠を被せて失った歯の機能を補う治療法です。インプラントが顎の骨としっかり結合することで得られる「自然な咬み心地」と、高品質なセラミック製の人工歯冠による「見た目の美しさ」を両立することができます。

インプラントのメリットと入れ歯・ブリッジとの違い

インプラント――3つのメリット

硬い物もしっかり咬める

Merit 01硬い物もしっかり咬める

自分の健康な歯と同様にしっかりと固定されるため、硬い物も違和感なくしっかり咬めます。

自分の歯が長持ちする

Merit 02自分の歯が長持ちする

歯を削ることなく咬み合わせを安定させることができるので、自分の健康な歯を長持ちさせる ことにつながります。

美しい口元で若々しくなる

Merit 03美しい口元で若々しくなる

自然で美しい口元になることで見た目の印象が若くなり、それが精神的にもよい影響を与え、明るくいきいきした笑顔につながります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い
インプラント
入れ歯(保険適用)
ブリッジ




歯を失った場所の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せて機能を補う治療法です。 失った歯の本数に合わせて義歯を作製し、バネなどを利用して装着することで機能を補う治療法です。 1本~数本の歯を失った場合に、その両側の歯を削って支えにし、連なった義歯を被せることで機能を補う治療法です。



  • 見た目が自然で美しい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 硬い物でもしっかりと咬める
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 周りの歯をほとんど削らない
  • 違和感が少ない
  • 比較的、咬みやすい




  • 保険適用外なので治療費が高額
  • 外科手術をともなう
  • 治療を受けることができないケースがある
  • 食べ物によっては咬みにくい
  • 違和感があることもある
  • バネを使用する場合はその歯に負担がかかる
  • 手入れが必要
  • 使っていくうちに合わなくなっていく
  • 支えとなる健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯にかかる負担が大きなる
  • 適用できないケースもある

村井歯科クリニックのインプラント治療

1回法 顎の骨にインプラントを埋め込む手術の際に、インプラントの先端部分を出したままの状態で治癒期間に移ることにより、外科手術を1回で済ませる方法です。
2回法 1回目の手術では顎の骨にインプラントを完全に埋め込んで縫合し、2回目の手術でインプラントの頭部を露出させるために歯ぐきの切開を行うという、外科手術を2回行う方法です。

インプラント
オーバーデンチャー

特殊なアタッチメントを使用した取り外し式のインプラントで、従来のインプラントに比べ、治療回数と治療費を抑えることができるのが特徴です。
サイナスリフト 上顎にある上顎洞の横にある歯ぐきをめくり上げ、上顎洞底部を持ち上げた空間に骨補填剤を注入して、顎の骨を再生させる治療法です。
ソケットリフト インプラントを埋入する部分から専用器具で上顎洞底部を押し上げ、骨補填剤を注入して顎の骨を再生させる治療法です。切開しないため傷口が小さく済み、術後の腫れや痛みがほとんどないのがメリットです。
GBR 顎の骨が不足している部分を「メンブレン」という特殊な人工膜で覆い、不要な歯肉の侵入を防ぎながらスペースを確保して顎の骨の再生を促します。
インプランターの使用 インプランターは、顎の骨に正確にインプラント体を埋め込むための機械です。穴を開ける際に最適な回転を加えることでブレを抑制し、精度の高い治療につなげることができます。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

インプラント体はチタン製、インプラントに被せる歯冠はセラミック製と、どちらも人工的な素材でできています。「人工物だから虫歯や歯周病とは無関係でしょ?」と言う方もいらっしゃいますが、このようにお考えの方は要注意。インプラントでも、メインテナンスが大切なのです。

人工歯が虫歯になることはありませんが、その歯と連結しているインプラントの周辺は天然の組織です。メインテナンスを怠ることでインプラント周辺の組織が細菌に侵され、歯周病に似た症状の「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。インプラント周囲炎になると顎の骨が溶け、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。そうした事態を避け、より長く快適にインプラントを使い続けるには、日常のセルフケアに加えて歯科医院で定期検診と専門的なクリーニングを受けることが一番の近道です。

快適に使い続けていただくために インプラントこそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

快適に使い続けていただくために インプラントこそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

快適に使い続けていただくために インプラントこそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ