トップ > 歯周病

気付かぬうちに進行する感染症――歯周病

「歯ぐきから血が出る」「口臭が気になる」「歯がぐらぐらする」などといった症状がある方は、もしかしたら歯周病かもしれません。歯周病は、初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気づいたときにはかなり悪化していることもある怖い病気で、日本人の成人男女の約80%が歯周病患者およびその予備軍であるといわれています。少しでも気になることがありましたら、豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」へご相談ください。

歯周病とは

永久歯の抜歯原因

「歯周病」とは、プラークや歯石の中に潜んでいる歯周病菌(細菌)によって歯周組織に炎症が起こり、歯ぐきが腫れたり歯ぐきから血が出たりして、最終的には歯周組織が溶かされて支えを失った歯が抜け落ちてしまうお口の感染症です。歯周病は症状が進めば進むほど歯を失ってしまうリスクが高まるだけでなく、歯周病菌が血管・気管から体内に入ることで全身にさまざまな悪影響を及ぼし、重大な病気を引き起こす原因にもなります。

歯周病が招くさまざまな悪影響からお口と全身を守るためには、まず歯周病を正しく理解することが必要です。そして日ごろから丁寧なケアを心がけ、歯科医院での定期検診をきちんと受けるようにしましょう。

歯周病の進行段階と治療法

進行段階 状態・症状 処置・治療
初期(歯肉炎)
歯肉が赤く腫れ、歯みがきをすると出血することもあります。歯周ポケットの深さは、3mm程度です。 歯や歯周ポケットに溜まったプラークを取り除くため、スケーリングを行います。また毎日のケアでプラークをしっかり除去できるよう、正しい歯みがき方法を指導します。
軽度の歯周炎
歯ぐきが下がり、腫れもひどくなって出血も増えます。歯周ポケットの深さは、やや深くなって4mm程度です。 スケーリングやルートプレーニングで歯や歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石を取り除きます。一人ひとりに合わせた歯みがき指導も引き続き行います。
中等度の歯周炎
歯ぐきは赤黒く腫れ、膿も出て、口臭がひどくなります。顎の骨が溶けはじめ、指で押すとグラグラと動きます。歯周ポケットはさらに深くなって、6mm程度です。 歯ぐきに麻酔をして、歯周ポケット内のプラークや歯石を取り除く外科的処置や場合によっては再生療法を行います。
重度の歯周炎
歯肉が真っ赤に腫れて、膿や出血の量が増え、痛みや口臭がさらにひどくなります。顎の骨の3分の2が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは8mm程度です。 歯ぐきに麻酔をして切開し、露出させた歯根に付着しているプラークや歯石などを取り除く「フラップ手術」を行います。また、最大限歯を残す治療を行いますが、抜歯が必要になる場合もあります。

歯周病と全身疾患の関係

糖尿病 糖尿病になると歯周病にかかりやすくなり、歯周病にかかった場合には、歯周病が重症化するリスクが高くなることがわかっています。
早産・低体重児出産 歯周病にかかっている場合に起きる免疫反応が出産を促すために、早産・低体重児出産を招く危険性が高まります。
心血管系疾患 歯周病源菌が血液にのって運ばれると全身に血栓ができやすくなるため、動脈硬化や脳梗塞などの心血管系疾患を招くことがあります。
肺炎 唾液に含まれた歯周病菌が気管を通って肺に入り込むことにより、肺炎を引き起こすことがあります。

村井歯科クリニックの歯周病検査

ポケット検査 歯周病の進行とともに、歯周ポケットも徐々に深くなっていきます。プローブという専用の器具を使いポケットの深さを測り、歯周病の進行度合をチェックします。
歯の動揺度の検査 健康な歯でも、強い力を加えれば多少の動揺(グラつき)がありますが、歯周病が進行した場合は顕著な動揺が見られます。歯の動揺度を測定することで、歯周病の進行度合をチェックします。
レントゲン検査 歯周病は進行するとともに、歯を支えている顎の骨がどんどん溶かされていきます。レントゲン検査により、どの部分の骨がどの程度溶かされているのかをチェックします。

村井歯科クリニックの歯周病治療

再生療法 溶かされてしまった顎の骨を回復するための治療法です。骨が失われた部分を「メンブレン」という人工の膜で覆って歯肉が入ってこないようにし、歯槽骨が再生するスペースを確保したうえで骨の再生を促します。
歯周ポケット掻把(そうは)術 歯ぐきに麻酔をして、歯周ポケット内のプラークや歯石を取り除く外科的処置です。
フラップ手術 歯ぐきに麻酔をして切開し、歯根を顎の骨からはがして露出させ、歯根に付着しているプラークや歯石などを取り除く外科的処置です。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

歯周病予防の鍵は、「プラークコントロール」です。プラーク(歯垢)を確実に取り除くことで、健康な歯の方は生涯歯周病とは無縁でいられますし、すでに歯周病が進行している方でも進行を止めたり遅らせたりすることが可能になります。

歯科医院の治療はもちろんですが、日々のブラッシングが最も大切です。当院では、ブラッシングの仕方から丁寧に指導させていただきます。また、高度な歯周外科にも対応しています。歯科医院での定期検診できちんとみがけているかどうかをチェックし、正しいブラッシングによって歯周病のリスクを減らしましょう。

きちんとみがけているか、定期検診でチェックをプラークコントロール、できていますか? 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

きちんとみがけているか、定期検診でチェックをプラークコントロール、できていますか? 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

きちんとみがけているか、定期検診でチェックをプラークコントロール、できていますか? 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ