トップ > 入れ歯が合わない~入れ歯~

合わない入れ歯でお悩みの方へ――入れ歯・義歯

歯を失ってしまった場合には、放っておかずに入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)やインプラントで歯の機能を回復させなければなりません。入れ歯に対して「合わない」「ずれる」「見た目が気になる」などといったマイナスイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、インプラントと比較して「外科手術が不要」「ほとんどの症例に適用できる」「治療費を抑えることもできる」「治療期間が短い」といったメリットがあります。

近年では、快適な使い心地の入れ歯や見た目が自然な入れ歯も登場しており、患者さま一人ひとりの入れ歯に関するお悩みやご要望に対応した入れ歯のご提供が可能となっています。現在お使いの入れ歯に少しでも不満がある方は、豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」までご相談ください。私たちと一緒に、「快適な入れ歯」をつくりましょう。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、大きく分けて「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の2種類があります。保険の入れ歯は文字通り保険適用で作製できること、自費の入れ歯はお使いになる方のご希望を反映したものが作製できることが最大のメリットです。それぞれの違いについてご説明します。

保険の入れ歯


自費の入れ歯
素材
(人工歯の色や形、床)
用いる素材が歯科用レジン(プラスチック)に限られる 豊富な素材・タイプの中から自由に選べる
製作期間 早いもので1ヶ月程度 素材によっては時間がかかる
審美性 多少劣る(見た目で入れ歯だとわかりやすい) 優れている(見た目で入れ歯だとわかりにくいものができる)
使用感
  • 咬みにくいものもある
  • 床(歯ぐきに当たる部分)に厚みがあるため、違和感が生じることもある
  • 飲食物の温度や味覚が感じにくい
  • よりよく咬める
  • 床を薄く・軽くできるタイプもある
  • 違和感が少なく、飲食物の温度が伝わりやすい
修理等 自費と比較すると壊れやすいが、修理・調整が簡単 耐久性が高いため壊れにくいが、修理できないこともある

村井歯科クリニックの入れ歯治療メニュー

当院で取り扱っている入れ歯をご紹介します。見た目や咬み心地、費用の面など、患者さまのご希望に合わせてお選びください。

ノンクラスプデンチャー

保険適用の部分入れ歯で使用する金属製の金具(クラスプ)を使わず固定するため、装着していても目立たず、審美性に優れています。また金属アレルギーの心配もなく、装着感も良好です。

マグネットデンチャー

歯根と入れ歯の裏側に特殊な磁石を装着し、磁力で固定するタイプの入れ歯です。強力な磁力によって入れ歯にありがちな「ズレ」もなく、しっかりと咬むことができます。審美性にも優れています。

コーヌスクローネデンチャー

内冠を土台部分に、外冠を入れ歯側に取り付け、茶筒のような二重構造の冠で固定する入れ歯です。装着性・審美性に優れており、取り外しが可能なのでお手入れしやすいのも特徴です。

金属床義歯
チタン床

歯ぐきにあたる部分がチタンでできている入れ歯です。チタンは歯ぐきへの適合性や吸着性にも優れた、アレルギー反応を起こしにくい金属で、軽くて丈夫なのが特徴です。

コバルトクロム床

歯ぐきにあたる部分がコバルトクロムでできている入れ歯です。保険入れ歯の約3分の1の薄さで作製できるので熱が伝わりやすいのが特徴です。耐久性にも優れています。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

お手入れのコツ

  • 入れ歯は乾燥に非常に弱いので、夜間の就寝時に外した入れ歯は水に浸けておきましょう。
  • 歯みがき粉を使って入れ歯を洗ってはいませんか? 歯みがき粉には研磨剤が入っているため、入れ歯を傷つけてしまいます。水と歯ブラシで洗いましょう。

総入れ歯で食べるコツ

  • 麺類……上の歯と下の歯が揃うように、下顎を少し前に突き出して咬み切るとよいです。
  • リンゴやせんべいなどの硬い物……下顎を少し前に突き出して、食べ物を前歯の少し横にはさみ、食べ物を持った手を上に動かして折るとよいです。

また、歯ぐきの形は少しずつ形が変わってきます。同時に入れ歯自体の形状もすり減ってきて合わなくなってきますので、定期的なメインテナンスが重要となります。

快適に使い続けていただくために 入れ歯こそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

快適に使い続けていただくために 入れ歯こそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

快適に使い続けていただくために 入れ歯こそ、歯医者さんでの「定期検診」を 村井歯科クリニックの「定期検診」について、くわしくはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ