トップ > 根管治療

重度の虫歯でも、歯を残したい――根管治療

食べ物を咬んだだけで痛みを感じる場合は、重度の虫歯かもしれません。歯の根の中には神経や血管が入っている管(=根管)が通っており、虫歯菌がその根管に侵入すると、咬んだ時に激しく痛むようになります。この状態を放っておくといずれ歯を抜かなくてはならなくなりますが、適切な治療を行うことで抜歯を避けることができます。それが「根管治療」です。

豊中市夕日丘の歯医者「村井歯科クリニック」では、歯科用CTを用いて虫歯の状態を正確に把握し、精密な根管治療につなげています。重度の虫歯でも、大切な歯を残せるかもしれません。諦めずに、できるだけ早くご相談ください。

根管治療とは

根管治療は、根管の中から死んだ神経や細菌に汚染された象牙質を取り除き、徹底的に根管の中を清掃・消毒する治療方法です。根管は非常に細く複雑な構造になっており、治療には高度な技術が必要とされます。歯は一度抜いたら二度と元には戻せませんが、この根管治療を確実に行うことで、重度の虫歯でも自身の歯を残すことができるのです。

根管治療の種類

根管治療には、ケースに応じて次の3つの種類があります。

抜髄(ばつずい)治療 神経に達した重度の虫歯や、何らかの理由で神経が死んでしまった場合に行う治療です。根管の中の死んだ歯髄や、細菌で汚染された象牙質を取り除き、徹底的に根管の中を洗浄・消毒したあと、すき間なく薬剤を詰めて被せ物で補います。
感染根管治療 炎症が根管の奥深くで起きている場合や、以前に受けた根管治療が不完全であったために再び炎症を起こしてしまったケースで行う治療です。以前の治療で詰めた薬を除去してから洗浄・消毒を行うためにより難しい治療になり、歯根の先端に膿の袋ができる「根尖病変(こんせんびょうそう)」が見られる場合などには、早急かつ適切な治療が必要です。
外科的根管治療 感染根管治療を行っても根尖病変が小さくならなかった場合に行う治療です。外科手術で根尖病変を一つずつ取り除きます。根尖病変の除去後、根尖・根管にすき間なく薬剤を詰めたら治療完了です。

根管治療の流れ

【1】歯髄の除去

虫歯菌に感染した歯髄(神経や血管)を除去します。
【2】根管の測定

専用の器具を使って、根管の長さを正確に測定します。
【3】根管内の洗浄

根管に溜まった膿や汚れを徹底的に洗浄・消毒します。
【4】根管充填

根管の先端まですき間なく薬剤を充填し、再感染を防ぐために密封します。
【5】被せ物の土台構築

被せ物の土台を作ります。
【6】被せ物の装着

土台に被せ物を装着し、治療完了です。

根管治療後こそメインテナンスを

根管治療の最後に装着する被せ物は、人工物なので虫歯にはなりません。しかし、それを支える歯根は神経を取り除いたことで以前よりもろくなっており、しかも神経がないために異変があっても気付きにくい状態です。せっかく残した大切な歯を守っていくには、根管治療後のメインテナンスが重要になります。毎日の適切な歯みがき、歯科医院での定期検診の受診を欠かさないようにしてください。

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス

根管治療では、歯根に潜む細菌をきれいに取り除き、薬で無菌状態にしたうえで完全密封することが求められます。根管は非常に複雑な形状で、しかも各段階の処置を丁寧かつ確実に行っていく必要があるため、どうしても治療回数が多くなり、治療期間も長くなってしまうものです。

根管治療は確実に完了してこそ意味があるもの。治療は歯科医師の指導のもと、必ず最後まで受けることが大切なのです。目に見えない治療ですが、最後までお互いに頑張りましょう!

せっかく残した大切な歯を守るために 根管治療の後こそ、歯医者さんでの「メインテナンス」を 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

せっかく残した大切な歯を守るために 根管治療の後こそ、歯医者さんでの「メインテナンス」を 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

せっかく残した大切な歯を守るために 根管治療の後こそ、歯医者さんでの「メインテナンス」を 村井歯科クリニックの「定期検診」についてはこちら

Copyright ©村井歯科クリニック All Rights Reserved.

このページの先頭へ